ピアノ講師の求人関連情報

HOMEピアノ講師の勤務時間は夜が多い!?

最終更新日:2017/10/03

ピアノ講師の勤務時間は夜が多い!?

女の子

ピアノの講師をイメージすると、お昼や夕方のイメージが強いですが、意外にも18時以降、いわゆる夜の時間帯の仕事がにわかに増えてきていることはご存知ですか?理由は、受講する生徒さんのニーズの幅が、増えてきていることが挙げられます。
一般的にピアノを習う生徒さんというのは、お子様のイメージが強く、学校帰りなどの夕方を想像されると思うのですが、最近では仕事帰りの会社員の方も増えてきていたり、又は、お子様の塾終わりでピアノのレッスンに通ったりと、時間帯が様々になってきているのです。何故そのように時間に多様性が生まれてきたのか?それは、他のピアノ教室との差別化が大きく関わってきます。
ピアノ教室は近年増加傾向にあります。ピアノ演奏する人の増加や、定年退職された団塊の世代が、一念発起でピアノを習い出すなど、ゆるやかに発展をしている分野でもあります。今までのターゲットからシフトする際、ピアノ教室側としては、他に無い新たな時間割の作成やサービスの提供など、あらゆる手を使って新規顧客を集めるべく企業努力を繰り返しているのです。その努力の一環が、昨今見られるピアノ教室の時間帯のバリエーションにも表れているのです。
従ってピアノ講師の勤務時間帯も様々になってきています。夜の時間帯は勿論のこと、朝の時間帯を提供しているピアノ教室もありますので、人気のピアノ講師ともなると、夜も日もなくピアノレッスンが続く、なんてこともあります。ピアノ講師にも2通りあり、ピアノ教室を自身が開設している人と、ピアノ教室に属している人です。前者では、自身がピアノ講師になることが多いので、レッスンをした回数がダイレクトに収入面に影響してきます。お忙しい教室になると体力的にも大変で、負担軽減で新たにピアノ講師を雇ったりします。後者も大まかな方向性は同様です。基本的には個人事業主という扱いになり、ピアノ教室と業務委託契約を結ぶという形態がとられることが一般的です。ですのでこちらでも、レッスンを行った回数分がダイレクトに収入に繋がります。ですがピアノ教室の場合、複数の講師が存在しますので、体力的に厳しい場合などは、代わりに行ってくれる同僚の存在があります。指名制などでレッスンを行っていらっしゃる方は除き、複数人の体制でレッスンを受け持っています。ここに至ってはピアノ講師をどのやりがいでやるかによって、どちらの勤務体制をとるかを選んでいらっしゃるようです。

一覧はこちら

ピアノ講師の求人ランキング

TOP