ピアノ教師求人情報サイト

ピアノ講師の求人ランキングTOP5

小林音楽教室

  • 27年の伝統が物語る信頼と実績ある音楽教室
  • 独自に紡ぎ出した教室理念に共感してくれる人材の確保
  • 個人事業主として業務委託契約を取り交わし生徒を教える

音楽を教えるというその先を見据えた教室

音楽を教えるということは勿論のこと、その音楽によってもたらされる喜びや感動、それに伴う人間的な成長を目指し、促すことが求められます。自身の人間的な成長にも必ず還元されます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

小林音楽教室に対するみんなの口コミ

  • 小さなお子様が日に日に成長していく姿を間近で見守れるという点で、非常にやり甲斐のある仕事です。そして、人に教えるということは、翻って自身のスキルアップにも繋がりますし、働いて損のない仕事ということを実感できて満足しています。...

  • どのように教えればより良くなるかを日夜考えています。これは一見楽器演奏には関係の内容に感じられますが、実は密接に関連していると考えます。どのように伝えれば良いのか?それは生徒さんに向かう時も観客に向かう時も同じだと思います。...

  • 業務委託契約は当初、責任重大という印象を持ちましたが、自身の仕事に対するモチベーションにも繋がっており、以前に勤めていた教室よりも、生徒さんの成長を、より喜べるようになった気がします。私にはこの契約が向いていました。...

ミナトミュージックサロン

  • 演奏技術はさることながらコミュニケーション能力も重視
  • 厳しい先生でなく甘い先生でなく「いい先生」
  • 生徒を指導することで教室も先生も豊かになりたいという信念

上手い!以外の人間性を総合的に判断

平均して5人に4人が不採用となっている求人です。確かに狭き門ではありますが、演奏技術以外の人間性を総合的に判断し、採用された暁には、手厚い講師向けの対応があります。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ミナトミュージックサロンに対するみんなの口コミ

  • 他のピアノ教室では、演奏試験も全く無く採用、ということもしばしばありますが、こちらではしっかりと演奏試験があります。ちゃんと自らのスキルを採用の判断材料としてくれていることで、教室に対する信頼感があります。...

  • 5人中1人しか通らないという高倍率ですが、面接自体に変な緊張感はなく、自分をちゃんと見てくれているんだなという質疑があります。演奏試験や指導試験などがしっかりシステム化されており、採用されてからの指導にも役立ててます。...

  • 生徒さんからの声も非常に活発で、今まで自らの頭の中で考えていた指導に対する固定観念を、良い意味で崩してくれます。指導技術のレクチャーなども行ってくれたり、常に講師にも愛情を注いでくれていることを実感できる職場です。...

東京エムプラスピアノ教室

  • 少人数の集中レッスン!上級者から初心者まで
  • 東京都内で3つのスタジオを設ける充実ぶり
  • 個人ピアノならではの臨機応変な対応が求められる

個人ピアノ教室ならではの対応が肝要

演奏会一つとっても、大手が大規模なホールで行うところを、小規模でアットホームな雰囲気で行うということになります。講師と生徒の距離が近く、教えるプラスアルファが求められる職場です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

東京エムプラスピアノ教室に対するみんなの口コミ

  • ピアノ講師はピアノを教えるだけと思っていたのですが、弾き語りなど、今まで自分でもやった事のない、新たなチャレンジを生徒さんと共にすることができて、非常にやりがいを感じる職場です。生徒さんからの声も直接うかがえて楽しいです。...

  • レッスンを受けに来る方は非常に幅広く、どのように伝えれば上手く行くかが、その人その人によって違いますので、大変といえば大変ですが、その分、上達した時の喜びは倍増ですし、少人数なのでより近い距離で共有できます。...

  • アットホームな雰囲気がとっても素敵です。ピアノ教室なので他の教室同様、先生と生徒という関係性に変わりはないのですが、距離感が違います。質疑応答なども頻繁に行えますし、ピアノ教室というより、学校の担任の先生のように様々な話を生...

くちいわピアノ教室

くちいわピアノ教室

ピアノ講師としての総合力が試される場

まず第一に、生徒さんたちが楽しんでピアノを学ぶ、という環境づくりができる人が求められます。もちろん演奏する能力も重要ではありますが、その能力をいかにわかりやすく伝えるかが重要になってくる職場です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

Beeピアノ教室

Beeピアノ教室

講師満足度が顧客満足度にリンクする

とかく顧客満足度に走ってしまいがちな現代社会において、そもそもの講師満足度にこだわることこそが、顧客満足度に繋がるという方針を取られているスクールです。これが講師満足度を高める理由です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ピアノ講師の求人の基礎知識

茶色のピアノ

レッスンするなら個人か集団か



ピアノ講師の求人を探す時に、どうしても悩んでしまうことがあります。それは、個人レッスンのピアノ講師の求人に応募するか、集団レッスンのピアノ講師の求人に応募するかです。これは生徒サイドで考えた時にも悩む事なので、例えばピアノ教室を東京都で探していると仮定して、考えていきたいと思います。
まず、ネットなどで「ピアノ教室、東京都」と検索すると、多くのピアノ教室が東京都にあることがわかります。更に範囲を狭めてみて、「ピアノ教室、新宿」と検索してみても、これまた多くのピアノ教室が新宿に存在することがわかります。その「ピアノ教室、新宿」の検索結果を詳しく見てみると、個人レッスンや集団レッスンなど、数々の形態を用意していることがわかります。
個人と集団で大きく違うのは、自分自身に個別に対応してくれる時間が、圧倒的に違う事です。集団はやはり各々に対応することになるので、個人ほどの個別感はありません。ただ、集団の良いところは、共に上手くなろうという仲間意識、より上手くなろうという競争意識が芽生え、習熟度が遥かに早くなるというデータもあります。もちろん個人差がありますので一概には言い切れませんが、自分自身の特性を鑑みて、自身の性格に合った方を選べば良いと思います。講師としては、個人相手が良いか、集団に対応できるかのコミュニケーション能力で決めれば良いでしょう。

鍵盤

ピアノを習う生徒は子供が中心?



ピアノ教室の生徒と聞くと、お子様を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はお子様が中心という訳ではありません。子育ての手が離れ、昔やってたピアノを再開される方や、定年後の楽しみとして始められるといった、年配層の生徒が増えているというのが実情です。これはピアノ教室だけの話に留まりません。
ヴァイオリン教室が東京にはたくさんありますが、このヴァイオリン教室に東京住まいの年配の方の生徒が増えているという現象があります。「ヴァイオリン教室、東京」と検索すれば、思いのほかの教室の数がヒットしますが、その教室に共通して言えるのです。余談ですが、それに伴ってヴァイオリン講師の求人も大変人気で、ヴァイオリン講師の求人の情報を見れば明らかですが、非常に高待遇で働いていらっしゃいます。一度ヴァイオリン講師の求人を覗いてみてください。
音楽というのは世代を超え、地域を超えて愛されており、共通の楽器をしているというだけで、同志のような間柄になれるものです。お仕事や子育てで音楽から離れてしまった、あるいは忙しさで触れることが出来なかった世代が、人生の余暇を活用して、足繁く通っていらっしゃるのです。音楽は心を豊かにすると言います。何かと窮屈に感じることが多くなってきた現代だからこそ、人は音楽を求めるのかもしれません。

白いピアノ

ピアノ講師の給料相場



要は需要と供給の問題なのです。「ピアノ講師」というのは、基本的に教員免許のような資格を要しません。ピアノが弾けて、ピアノを教えることが好きであれば、明日からあなたもピアノ講師な訳です。幼い頃、「今日はピアノのレッスン」と言って帰っていく子たちが結構な数いました。その子達が本気で続けていなくても、趣味程度に続けていれば、その延長上にピアノ講師はあるのです。従ってこの国には、潜在ピアノ講師が山ほどいる訳です。ですので、ピアノ講師の給料相場となると、もはや生活していくほどの金額ではなく、サイドビジネス的に考えた方が良いです。
例えばピアノ講師ではなく、チェロ講師であっても、大きく話は変わりません。チェロ奏者もチェロ講師の求人も、チェロを習いたいと思う人も、明らかにピアノより絶対数が少ないです。チェロ講師の求人をネットで調べてみても明らかです。チェロ講師の求人に応募できる人は確かにレアですが、ピアノを習いたいというほどの人数が、チェロにはありません。従って多少の差異はあれど、講師料だけで生計を立てていくのは難しいようです。サイドビジネスとして捉えるか、もしくは教室の運営にも携わって行こうとする気概が必要なようです。

手

男性のピアノ講師もいるの?



ピアノ教室を頭に浮かべた際、教えているピアノ講師は女性、とイメージされる方が多いのではないでしょうか?現代においても、やはり圧倒的に女性のピアノ講師の方が多いです。ただ、男性でピアノ講師をされている方も徐々に増えています。これには、幼き頃に始める、習い事に大きな影響があると思われます。
一昔前の習い事と言えば、そろばんやスイミングや空手など、学業に関わる、もしくは体を動かすという傾向がありました。ピアノやオルガンを習っている人もいましたが、ほとんどが女の子で、男の子でピアノを習っていることが非常に稀な時代がありました。時は移ろい、男性ピアニストという存在が日本全体に広く浸透し、幼い頃の習い事で、男の子がピアノを習っていることが珍しくない時代に突入しています。そんなピアノ少年が大きくなって、ピアノ講師になっているというのは、至極自然な話なのです。
学校の担任の先生、女の先生の方が合ってる、もしくは男の先生の方が合ってる、という事を感じた方も少なくないと思います。何かを教えてもらうという事において、ピアノ講師も変わりません。もし通おうと思うピアノ教室に選択肢があるなら、学校の担任の先生を思い返して、自分に合うであろう講師を選択されることをオススメします。

ピアノ講師の求人のコラム

ピアノ講師の求人ランキング

TOP